玄米酵素 芽宝は お米の栄養分である胚芽と糠を発酵した酵素食品です

自然な食品を食べましょうと言われます。食べ物で美味しいのは生命があるという事です。科学の力で大量生産された食品は、食べて美味しくても生命のある食品とは言われません。

触媒としての酵素、健康生活の役立ちグッツとして玄米酵素・芽宝は喜ばれています。
食生活の補助として、私もペットの犬も毎日欠かさず摂っています。

酵素とは何でしょう

空腹を感じて食事を摂る。そして、不要なも老廃物を体外に排出します。

夫々の細胞の中で、分解、消化、排泄としたプロセスを経て、栄養分が不足してくると
空腹感を感じます。

体内で栄養分を選り分けて、分解、吸収をして、細胞が新しく生まれ変わっていきます。
このメカニズムを細胞は常に行っています。

この作業の中で触媒としての酵素が必要です。
酵素なしでは私たちは食事も、息をすることもできません。

酵素によって、生命のメカニズムは支えられているのです。

便秘で排泄が上手くいかないのは酵素の不足かも

古くなって機能の衰えた細胞の栄養素は、体に害を与えますので、排泄という行為により体外に放出しなければなりません。この時にも、触媒としての酵素は不可欠です。

酵素がないと私たちは、何時までも不要な老廃物を体内に抱え込むことになります。
これが続くのが便秘ですが、長い期間便秘が続くと体に大きな障害をもたらせます。

酵素の働きが低下すると、各器官の機能が低下して、私たちの健康は著しく損なわれます。

酵素の働きが全面的にストップした時には、私たちの生命活動はほどなく停止します。

肝臓病、腎臓病、糖尿病など、内臓に発生する障害のほとんどが酵素の影響を受けていると言われます。

酵素は、私たちの健康に大きな影響を持っているのです。

主食の白いご飯には酵素は望めない

栄養豊富なお米を食べる私たち日本人。ですが、白米を食べていると栄養素はあまり取れません。大事な絵井祐素を含んでいる胚芽を取り除いているからです。

米本来の栄養素を、ご丁寧にそぎ落として食べているのです。
玄米酵素・芽宝はその大事な胚芽と糠をコージ菌で酵素を培養した食品です。

完全な主食と言われる玄米食を超えた、現代の失われがちの食生活の生命力を補助する食品としての役割は大きいのではないかと思っています。

まとめ

長い歴史のある玄米酵素・芽宝です。50年の歴史の中で、古いお医者様は、昔は医薬品として売られていたこともあったと教えて下さいました。

お米から取った胚芽と糠が原料ですので、身近の食品ですので安心です。
食べている人は、なんだか疲れが違うといいます。

玄米酵素・芽宝 販売サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする