ミミズを摂り始めました 私の血圧がどうなるかの記録です

ミミズに凄い働きがあって、私たち人間にとても役立つ役割というか、いろんな良さがあると
知人から教えられ、健康な若さが欲しい私は早速摂ってみることにしました。

ルンブルミン(ミミズ乾燥粉末)に出会って

長寿社会を生きることになるであろう自分のこれからを守ってくれるタカラ物になるかもしれないという思いがあるからです。

今は血圧は高めですが、そこそこ健康だと自分では思っています。半年に一度ずつ大学病院で画像診断などを受けていますが、先生は問題ないでしょうと仰っています。

有難いことにその先生は飲み薬も出ませんので安心しています。毎朝、体重計測と血圧計測は欠かしません。体重と血圧は現在の体の状態を知る近道であると思うからです。

体重が昨日よりも増えたり、血圧が高かったりすると、自分なりに反省をします。気を付けていても、ついつい調子に乗って食べる事があります。

前日の食事が肉類だったりすると、体重は増えがちです。一時は食欲もあまりなかったのですが、最近は結構美味しく何でも美味しく食べれています。

昔父が養命酒を飲んでいたのを思い出し、私も飲んでみています。現在3か月目くらいだと思うのですが、なんだかいいみたいで食欲が進みます。

きっと胃腸が良くなってきているのだと思います。先日何かで見たのですが、中国の若者が日本の養命酒を好むという記事がありました。

ミミズを食べ始めて4日目になります

今朝の血圧は今までとあまり変わりません。少し数字が下がってきたかなと思えるくらいです。

ちょっと変わったと思うのは、昨日の夕方パソコン作業を止めたのちに諮ってみると、やはり、血流が良くなっているのかあまり血圧は上がっていません。今までは、夕方測ると高めで心配していました。

血圧はやっぱり怖くて、身体を動かしたり、ランナーを漕いだりしますが、やっぱり長年生きていると血管も汚れているのでしょう。ミミズが私の欠陥をきれいにしてくれることを願っています。

コンピューターおばあちゃんという流行り言葉が昔々有りましたが、まさに私はコンピューターおばあちゃん宜しくパソコンを楽しんでいます。

今、パソコンが出来なくなったら暇でボケちゃいそうです。今日もヤフーのニュースで忽然と消えた年配の女性のことが出ていましたが、現在何万人もの人が介護施設で名前も分からずに暮らしているそうです。

色んな生活習慣病も怖いですが、何と言っても認知症になり、自分が分からなくなっても生きるというのは恐ろしいですね。

せいぜい血流を良くして、人生の終わる日まで自分で居たいものだと願っています。それにしても、ミミズとの付き合いは今日で4日目ですが、アトピーのかゆみが少し良くなったり、血圧の数値が下がり始めたり、肩こりが無くなったりといいことずくめです。何だか目の先が明るくなったようで嬉しいです。

ルンブルミンを朝昼夕と1粒ずつ摂っています

血栓を溶かすというルンブルミンですが、即効性があるようです。ある知人が80歳を過ぎて胃癌の手術をしたのに、その後元気に街に出歩いているとのことです。

昔は凄いおデブでお腹はタヌキのように膨らんでいたのに、手術後は痩せてしまったそうです。それで動けないでいるのかと思いきや、相変わらず元気で商売をしているようです。

血管のお掃除をしてくれるというルンブルミンです。血管の中を血液がサラサラ流れれば血圧の心配もなく、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などの心配もなく、元気な老後を過ごせて自分も幸せ、行政機関も介護や医療に予算を取られずに助かります。

高血圧の薬を飲んでいる人は多いと思いますが、それも一時的なことであり、食生活をきちんと守り、運動を適宜やってと毎日せっせと自分を守らなければ駄目ですね。

まとめ

ミミズに救われるとは思いませんでしたが、田舎育ちの私は昔田んぼや畑でミミズを沢山見たように思います。ミミズのいる田んぼや畑で作られたお米や野菜を食べて育っているのだと思います。パソコンは良く使いますが、健康にはあまり良くないのが分かります。

夜休む前に血圧を測ると今までは数値が高くて心配でしたが、このミミズ粉末に出会ってからは、安心して休めるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする