老化予防について私が心がけていること

人生100年時代と言われます。時間は十分にあるし何をするかなんてコマーシャルもあります。無事に100年生きるのか、病院のベットで過ごすのか老化とは夢ではなく恐ろしいものだと最近考えます。自分を失っても命は続き人様のお世話になることもあります。

何とか老化を遅らせて、今の楽しい毎日が続くように少しの努力をしていきたいものです。
今は健康でやりたいことも大概できます。運動と食事にはかなり気を配っているつもりです。

老化予防するために食べ物・食生活で心がけていること

老化予防するための食べ物と食生活ですが、先ずは添加物をなるべく避けて、新鮮なもの、生で食べれる物、腐ることのできるものを食べるように心がけています。

主食は農協の直売所で産地指定の米を一分づきにしてもらい、発芽玄米高圧炊飯器で小豆を入れて炊いています。お米の栄養を全て取り込みたいからです。

朝食はコラーゲンを入れて手作りした食パンに、コーヒーとキャベツ・とまとなど消化の良いものを食べます。カボチャスープやカゴメの野菜これ1杯なども摂ります。

毎日の食事はとても面倒です。最近は手を掛けないように簡単なことが重要なようで、インスタント食品や冷凍食品、もっと簡単には出来合いのパックを開けるだけもあります。

自分の命を守る食事は疎かにはできません。若いころには脂っこいものや、出来合いのものを美味しいと思って食べていたこともありました。おやつも大好きで甘いものも良く食べていました。アイスクリームも大好きで良く食べました。

今はすっかり変わり、野菜も果物も分かるものを、腐ることのできるものを選んで買って調理をしています。果物も添加物だらけで腐らないものがあるので注意が必要です。

甘酒や塩こうじ・ヨーグルトなどは良く手作りで利用します。発酵食品の麹は素晴らしいです。料理には常に利用して、他の調味料はあまり使いません。薄味でもまろやかで美味しく調理できます。サプリも自分の体に合うものを選んでミネラルや酵素、最近ではミミズも摂っています。

喉の弱い私は食事中に食べたものが気管支の方に間違って入るのか咳き込むことがあります。こんな時に助けてくれるのがプロポリスです。蜂蜜と混ぜて1cc程摂りますが、咳はピタッと止まります。私を見て下さる医師にも申し上げていますが、そのせいか半年ごとの肺の画像診断にも薬は出ません。サプリはいくつか摂りますがプロポリスは欠かせません。

老化予防するための運動で私が行っていること

老化予防するための運動はいろいろありますね。朝の運動としては、ゴムマットを広げて体を動かします。本屋さんで軽めの運動のやり方を書いた本を数冊買ってきて真似をしています。

この体操は血圧が下がりますとか、筋トレになりますとか、喉が弱い人にはいいですよとか。
私は血圧や喉、呼吸器が心配ですので、マットに仰向けになって上体を起こすとか、腹ばいになって足と手を持ち上げて反ったり、懸垂の真似事などをやります。

その後は、ポケットに万歩計を入れて普段の家事にかかります。

後は万歩計を見ながら、近くの運動公園にペットと散歩に行ったり、マンションの中庭をペットを連れて歩いたりします。歩数が足りない時には室内に入れている大型のランナーを漕ぎます。肩こりや腰の痛みもなくパソコン生活を楽しめています。

顔や肌の老化予防のために私が行っていること

顔や肌の老化予防は、私は身体は一つであり、全体が繋がっていて私個人ができていると思っていますので、健康であれば顔や肌の老化もそれなりに防げていると思っています。

皮膚は第6の臓器であると言われます。顔や肌の若さは体の中から表れるものですので、皮膚の表面だけ磨いても顔や肌の老化は止められないと思います。そうは言っても、顔も放っておけば、目じりや口周り、ほっぺのあたりが垂れてきますので、ミネラル入りの保湿クリームを多めに付けて朝晩丁寧にマッサージを欠かせません。

女性でも肌のカサカサな人を良く見かけますが、栄養的に問題があり食生活を考えることが大事ではないかと思っています。保湿の悪い肌はカサカサして粉を吹いたようになります。

新鮮な野菜や果物、発酵食品などを摂ることにより顔や肌もシットリとして、老化予防効果は大きいと考えます。ミネラルや酵素の不足は肌の老化を早めます。

毎日の食生活をキチンとしても、栄養的な偏りは如何しても出てきますので、私は足りないものはサプリで補充しています。

脳の老化予防のために私が行っていること

脳の老化は一番怖いと思っています。自分が分からなくなって、体が丈夫だったらそれも怖いですね。家を出て何年も帰れない人が全国で沢山いらっしゃるそうです。

体の不自由なのも困りますが、自分が誰か分からないのに生命が終わらないなんて酷ですね。
色んな事に興味をもって、社会にも参加して自分らしく最後まで暮らしていきたいものです。

朝は日経新聞を読みながら食事を摂り、昼は本を読んだりパソコンに向かったり、チャートを見たりと、私は何でも興味があり楽しめています。時には昼寝もします。

脳の老化を予防するには読書でいろんな知識を広め、いろんな人の生きざまを知るのがいいのではないでしょうか。私は自分よりも少し年上の高名な方の本を良く買って読みます。

どんな考えで毎日を過ごされているのかなど、過去、現在、未来が書かれていますので参考にさせて頂いています。穏やかに現在の自分を見つめながら脳の老化を守りたいと思っています。悩みの解消には読書でいろんな人の意見を参考にするのが一番良いと思います。

それでも解決しないことがあったら、サッパリと諦めるのがいいのではないでしょうか。
思い悩むと脳は疲れます。必要以上に悩まないのが脳の老化予防だと思っています。

目の老化予防のために私が行っていること

目の老化予防はとても重要と思っています。私は若いころには目に苦労していた時期がありました。視力ではなく、目が充血して困っていました。

眼科医に行くと、「貴方の目はお母さんのお腹の中からの症状ですので治りません」などと言われていました。そして、治らないと言いながらも、目を洗って、目薬をくださるのでした。

そして今、あれから相当な年月が経ったのに、眼鏡も使わずに、目も充血せずに、目やにも出ずにこのブログを書けています。私は原因は食生活と栄養素と運動だったと確信しています。

酷い肩こりもありましたので、運動不足もあったのでしょうね。
若い時には意外と自分を粗末にしがちなのだと思います。高齢になってきた今は、少しのことでも取り返しが効かないと思い、毎日を大事にして運動もするようになったと思います。

運動はとても大事です。つい油断して怠けると、何所かがつったり、腰に痛みが来たりして驚きます。やはり、食事と同じで毎日欠かさずに少しずつ続けるのがいいですね。

目が見えずらくなったら悲しいです。食生活を大事にして、適度の栄養を摂って、適度の運動をして体を丈夫にしておけば、目も元気で視力を保ってくれます。ルティンだけが目の栄養ではないと思っています。

まとめ

老化予防について私が行っていることについて書いていますが、答えはありません。
人生最後に答えは出るわけですが、無理なく気長に根気よく、ペットに手伝ってもらいながら楽しく暮らしていきたいものです。4㎏の小さな犬ですが、ちゃんと家族をしてくれて、とても可愛いですよ。この子の顔を見ると笑顔が出て、一番の老化予防です。

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする